特集:ネチケットを守ろう

プロバイダーの契約からインターネット接続まで、中にはスムーズに進む方もいれば、中には様々な紆余曲折を経てようやくたどり着く方もいるでしょう。
どちらにも共通して言えるのは、インターネットを接続するまでより、接続して実際に閲覧を開始してからの方がはるかにトラブルが多くなるという点です。

その昔、インターネットがまだ今ほど爆発的な普及をしていなかった時代、インターネット上はかなり限られた人しかいませんでした。 よって、ネット上のトラブルは比較的少なかったのです。
しかし、パソコンが安くなり、回線も高速化し、プロバイダーの数も非常に増えてきた90年代後半になると、その図式は変わってきます。
徐々にネット上での荒い言葉遣いが増えてきて、良識のない態度をとる人がかなり多くなりました。

以前は、「ネチケット」というものがあり、これを守れない人は即座にその場を追いやられるという空気が漂っていました。 ネチケットというのは、「network etiquette(ネットワーク・エチケット)」を略して造られた言葉です。
インターネットという、不特定多数の人が利用するネットワークにおいて、個々が守るべきとされるエチケットなのです。
社会生活を送る上で守るべき最低限のマナーが様々なシーンであるように、インターネットを利用する全ての人がネチケットを守ることで、ネット環境は健全な状態を維持できるのです。

しかし、匿名の掲示板が横行しだして以降、ネチケットという言葉の持つ力は衰えてきました。
パソコンの普及に伴い、インターネット利用者の数は日本の人口の半分を超え、プロバイダーの数も途方もない数字になっていました。 そうなると、当然マナーの悪い人も多数出てくるのは必然といえます。
現在では、普通の個人サイトの掲示板に心無い言葉を発する者も増え、学校では裏サイトと呼ばれる、その学校内の特定の先生や生徒に対して暴言や中傷を書き並べ、いじめを行っている愚にもつかない行為が多数見受けられます。 こういった問題は、プロバイダーも管理しきれない状態にまで肥大しており、社会問題としてすら完全にはフォローしきれず、既に慢性化している感もあります。

しかし、ネチケットは時代の波に押され気味の感はあるものの、決して風化してはいません。 中には、しっかりそういった暴言などを取り締まり、管理している個人サイトもたくさんあります。
そういったところでは、マナーを守らなければ管理人権限で即刻締め出されるので、例えばチャットなどに参加したいならば、しっかりマナーを守って空気を汚さないように努める事を義務付けられます。

プロバイダーも、あるいは国も収拾に頭を悩ませる問題ですが、それでもまだインターネット上に秩序は存在しています。 決してネット上は無法地帯ではないのです。
特に近年ではインターネット上にブログを開設することが流行のようになり、日々あった事や自分の趣味等を公開している方がかなり増えています。 ブログを開設すると、管理人同士のコメントのやり取り等も多く行われます。
顔も見えず、声も聞こえない文字だけのやり取りには、より相手に対する気遣いが求められます。
海を越えた地域に住む人ともコミュニケーションをとることができるインターネットという素晴らしいツールをトラブルを生み出すものとしないためにも、ネチケットを守ることはとても重要なことなのです。