特集:ネット上にはウイルス以外にも危険が..

プロバイダーでのサービスをはじめとしたウイルス対策は、インターネットに接続する上で絶対的に必要なものです。
しかし、対策しているからもう安心、というわけではありません。 インターネット上には、ウイルス以外の脅威もたくさん存在しています。

その筆頭に挙げられるのは、やはり悪質なサイトでしょう。 プロバイダーでもよく注意を喚起していますね。
特にアダルトサイトが多いというか、アダルトサイトがほとんどなのですが、訪問しただけでお金を請求してくるサイトがあります。 中には、小さく注意事項にそれを明記した上で、「ここをクリック」などと書いているところをクリックしただけで、次のページには料金請求の注意書きが書かれている、というサイトがかなりあります。
その請求の注意書きには「支払わないとどんどん利息がついていく」「払わないと刑事告訴もやむなし」などと書いてあるところが非常に多いのです。
最初にこれを見たら、驚いて思わず支払ってしまうという方もかなりいるようです。 プロバイダーなども注意を呼びかけていますが、そうした脅しのような文面を見ても、一切無視しましょう。
クリックしただけで金銭を要求する行為は、正当な請求とはみなされません。 よって、刑事告訴などできるはずもなければ、支払う義務などあるはずもないのです。 無視したからといって、何の危害が及ぶ恐れもないのです。
一切無視して心配ありません。

そうした不当請求の他にも、フィッシング詐欺などがあります。
フィッシング詐欺とは、個人情報を盗む為に、プロバイダーや大手企業や有名店、あるいは有名人を偽ったメールを出し、そのメールで偽装したホームページに誘い込み、そこに個人情報を記入させるというものです。
例えば、ヤフーをほとんど正確に真似したサイトを作るなど、非常に巧妙な手を使った詐欺もあります。

これと似たようなものでは、やはりメール関係が多いようです。
悪質なサイトへ誘い込むメールや、脅迫メール、チェーンメールなど、携帯にも頻繁に送られてくることが多いので、経験者はかなりいるかと思います。 プロバイダーのQ&Aなどでも、これらに対しての質問はよく見られます。
中には、自動的にアダルトサイトや国際電話に繋げるような迷惑ツールもあり、それを誤って作動させてしまうと、パソコンが勝手にそういったところとコンタクトを取ってしまいます。

こうしたものを防ぐには、やはりウイルスと同じ対処法をとる事になります。 もちろん、アンチウイルスソフトのようなものはないので、とにかく自己防衛に尽きます。
プロバイダーの注意喚起をしっかり読んでおく。 怪しいサイトには近寄らない。 個人情報を記入する場合には、あらゆるチェックを怠らない。 常にURLをしっかりと確認する。
これらを実行するだけで、悪質なものはかなり回避できます。

それでもどうしようもなく巻き込まれてしまった場合は、プロバイダーにネットの接続を一時中止してもらい、専門家を訪ねることをお勧めします。
例えば、迷惑ツールによって無理矢理アダルトサイトや国際電話に繋がり、莫大な料金を請求された場合などは、弁護士に相談しましょう。
同様に、例えば自分のホームページに掲載している情報に関して、著作権違反があった場合。 あるいは著作権を侵害された場合。 こういう場合も、専門家である弁護士に話を聞くのが一番です。