特集:個人情報を守るためには?

プロバイダーとインターネット接続契約を結ぶ場合、ひとつ気がかりな事が個人情報の漏洩です。
インターネット関連のニュースでは、その大半で個人情報の漏洩が取り立たされています。 自業自得といわざるを得ない場合もありますが、何も知らずに結果としてそうなってしまったという方も多いでしょう。

まず、個人情報の漏洩に関してのリスクをご説明します。
基本的に、住所、氏名、年齢など、基本的な個人情報というものは、プロバイダーをはじめ、通信販売を利用した会社や何らかのサービスを利用した会社など、いくつかの所には既に知られていることになります。 しかし、それは問題ありません。
守秘義務を守る存在であれば、情報を知られたところで問題にはなりません。
平成15年に「個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)」が施行されて以降、ホームページの中に「個人情報保護方針」とか「プライバシーポリシー」といったページを設け、顧客等から得た個人情報の扱いについて明記しているのを見かけることが多くなったと思います。 もちろん、中にはそういったところから個人情報が漏れる事もありますが、それは事故であって、故意に行われた事ではありません。
例えば、もしプロバイダーが個人情報をわざと流出させたり、闇のブローカーなどに売ったりしたら、そのプロバイダーは確実にその後運営を継続していくことができません。 プロバイダーのような機関は信用が第一なのですから。

では、どういった場合の情報流出がリスクになるのかというと、不特定多数の相手、あるいは悪意のある相手に漏れてしまった場合です。 パソコン内には、そのパソコンを起動させるパスワードや、インターネットバンクを利用する際のパスワードや口座番号などの情報が詰まっていることが多いですね。
また、実際の銀行や郵便局の口座番号、クレジットカードの番号などを忘れないように記録しているという方も多いでしょう。 そうした情報がもし外に流出したとしたら、入手したパスワード等を使ってお金を引き出される可能性がかなり高くなります。

個人情報というのは、プロバイダーも警告していますが、まず流出する事のないように注意する必要があります。
お金の問題もそうですが、例えば自分が抱えている仕事の重要な書類、表、名簿等のデータをパソコンに保存していた場合、それが外部に漏れると会社に大きな損失を与える事になります。 これが一番ニュースになるパターンが多いケースで、それによって職を失ったり、社会人としての信用が失墜したりするケースが本当に多いのです。
一番のリスクは、個人情報だけでなく、仕事の情報を流出させてしまうパターンです。

では、この個人情報などの流出を、どうすれば防ぐことができるのでしょう。 プロバイダー等に頼むということではなく、基本は自分で守ることになります。

情報が漏れる一番の要因は、WinnyなどのP2Pソフトの使用です。
ウイルスによって、故意に個人情報を不特定多数の人間に流出させるというパターンがこれにあたります。 要するに、こういったソフトを使用しないのが一番というわけです。

次に、怪しいサイトにはいかない事です。
インターネット上には、悪質なサイトが多くはびこり、サイトで個人情報を抜き取ろうという画策がされています。 安易にパスワードや個人情報の記載をインターネット上で行わない事が重要です。