特集:IP電話とは?

インターネットを利用する際には、インターネット回線を引く事になりますが、ADSLの場合は基本的に既存の電話回線をそのまま利用するという手法が使われます。 その一方で、逆にインターネット回線を電話に利用する方法もあります。
この場合には、「IP電話」と呼ばれるものを利用することになります。 各プロバイダーでは、このIP電話サービスも、利用プランのオプションに盛り込んでいるところが多いようです。

IP電話というのは、NTTなどの既存の電話会社の一般加入電話網を一切経由しません。 つまり、ほとんどの家庭で利用している電話回線を使わないのです。
そのため、IP電話を利用する場合は、NTTの電話回線の契約を行わなくて済みますし、既に契約している場合はその権利を放棄しても良いということになります。
また、IP電話での通話はプロバイダー経由で行われるので、これまではNTT等に支払っていた電話料金を、インターネット料金と一括してプロバイダーに支払うという形にできます。
つまり、インターネットと電話料金とを一体化させることになり、基本料金はインターネットの方しかかからなくなります。

お得なのはこれだけではありません。 プロバイダーが提供しているIP電話のサービスの場合、通話料金に関してもお得です。 というのも、通常の固定電話の場合、距離が離れていればその分お金がかかります。 国際電話ともなれば、相当な料金が発生しますね。
しかし、プロバイダー提供のIP電話の場合は、一律同じ電話料金です。 従って基本料金だけでなく、全体的に料金をかなり抑えることができるのです。

IP電話を使用するためには、まずプロバイダーに加入する必要があります。 さらに、IP電話に対応している端末も必要です。 IP電話機能がついたモデムや、テレフォニーアダプタと呼ばれるものです。
IP電話に必要となるモデムなどは、プロバイダーからレンタルすることも可能です。 そして、パソコンとモデムをつなぐLANケーブル、パソコン、電話機が必要です。
当然、IP電話に対応したインターネットの回線が必要なので、プロバイダーとADSLやFHHTなどの契約を結ぶ必要もあります。 これだけあれば、IP電話は使用可能です。

IP電話の普及率を伸ばす妨げになることを挙げるとすれば、NTTを利用しないことでお年寄りの方が怪しむ点でしょうか。 お年寄りの方は、NHK、NTTといった大手の会社は信頼できるというイメージを持つ傾向があります。
その為、新しいものに対して抵抗を感じるのです。 そういった方にプロバイダー経由のIP電話の利点を訴えても、なかなか聞いてもらえないのが実情です。

また、現在では携帯電話がかなり普及しているので、固定電話そのものの価値が薄れている点も挙げられます。 料金自体はIP電話の方が圧倒的に安いのですが、やはり今の時代は携帯の方に流れていく形になっています。
各プロバイダーもそれを承知しているだけに、様々なサービスを用意しており、中には相当格安な料金で使用できるIP電話もあります。 もし、特に携帯電話を持つ必要性を感じないという方は、IP電話を一度試してみてはいかがでしょうか。